楽天ポイントカードでガソリン給油!ガソリンスタンドではプリカが最強のパートナー

どうも、ハイドです。

出光のガソリンスタンドでは、楽天スーパーポイントガソリンを給油できます。

期間限定の楽天スーパーポイントは、使用期限があるため、少し使いづらいのですが、ガソリン給油は理想的な使い道ではないでしょうか。

ただし、P-one Wiz のような高還元率のクレジットカードや提携クレジットカードと比べて割高では、意味がありません。管理人は今まで二の足を踏んでいました。

以前から、楽天スーパーポイントを使ったガソリン給油は、本当にお得なのか気になっていたので、Rポイントカードで給油してみました。

この記事は、楽天ポイントカードクレジットカードを併用して給油できなかったころの記事です。

最新の情報をお求めの方は、以下の記事を参照下さい。

どうも、ハイドです。 以前より、出光でクレジットカードと楽天ポイントカードを併用して、給油が可能になったとの情報を得て...

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

楽天スーパーポイントで給油できる支払方法

近所のガソリンスタンドで、支払方法について調べてみました。

支払方法給油単価特典Rポイントカード
現金会員122円楽天SP 1P併用可能
出光プリカ119円楽天SP 1P併用可能
まいどプラス※119円2円値引併用不可
楽天SP:楽天スーパーポイント

※ 出光クレジットが発行するクレジットカード

やはりクレジットカードが一番有利ですが、残念ながら楽天スーパーポイントと併用して給油することができません。

つぎの候補は?・・・ 出光プリカ。

クレジットカードに若干劣りますが、それでも、1リッターにつき、2円の割引1円分の楽天スーパーポイントが付与されるかの差です。

このガソリンスタンドでは、1リッターあたりのガソリン単価は、クレジットカードと出光プリカで同じでした。

出光プリカ、優秀ですね。

purica 0001

結構しっかりしたカードです。利用条件にご注意を!!

出光プリカカードの使い勝手

現金に比べ、給油コストがクレジットカード並みに安い出光プリカですが、いい話には、当然デメリットもあります。

出光プリカのメリット、デメリットを調べてみました。

デメリット

いちばん大きなメリットは、前項で案内済みなので、まずはデメリットから・・・

最終利用日から1年という有効期限が存在し、有効期限を過ぎてしまうと継続して使用することが出来ず、手数料600円払い戻しをすることになります。

払戻しができる期間も、有効期限を過ぎてから2年間で、それ以降は払戻しもできません。

少し利用条件が厳しいですから、カードを作った事を忘れてしまう方は、避けたほうがよさそうです。

入金の最低額は、3,000円です。もともとは入金して給油するためのカードですから、これは仕方ありませんね。

メリット

初めて行ったガソリンスタンドでも、申込めば、その場で入金し、

その日の給油から使えます。

クレジットカード発行に比べ、手間がかかりません。

Rポイントカードと出光プリカの併用

2017年3月23日追記

要望が多かったため、給油までの大体の流れを記載します。

給油までの事前準備

Rポイントカードには、以下の2種類があります。

  1. スマホのアプリでバーコードを表示する方法
  2. 実際にカードを作成し、Rポイントカード番号を登録する方法

スマホのバーコードでは給油できないため、予めRポイントカードを作成しておく必要があります。

Rポイントカードは、ガソリンスタンド(出光)サークルKサンクス(コンビニ)が入手しやすいのでおすすめです。

無料で配布されていて、気兼ねなく入手できると思います。

登録方法は、カードの台紙に詳しく記載されています。そちらを参考にして下さい。

給油の方法(ガソリンスタンド内)

出光プリカをもっていないのであれば、先に出光プリカを作ってもらいます。

3000円を準備して下さい。

次は、いよいよ給油です。

給油の流れ(ガソリンスタンド内)

1.お支払い方法は、出光プリカを選択

最初に注意していただきたいのはここです。プリカ(給油)を選んで下さい。

2.PIN番号(下3桁)を入力

出光プリカの裏面に番号があります。下3桁を入力します。

3.出光プリカを挿入

4.Rポイントカードの有無を入力

ここが一番間違いやすい場所です。

理由は、これ以外にも店舗によって独自のサービスを展開している場合があり、

~~サービスはご利用ですか  → いいえ

~~クーポンはお持ちですか  → いいえ

楽天ポイントカードは・・・  → なし?

ついつい勢いでここもなしを選んでしまいがちです。

要注意ポイントです!!

5.Rポイントカードを挿入

6.入金、給油の最終確認

給油を選択します。

7.油種の指定

レギュラー、ハイオク、軽油など油種を指定します。

8.給油量、金額の指定

給油量か金額を指定する場合には条件があります。

楽天ポイントが何ポイントあっても、出光プリカの残金までしか指定できません。

理由は、おそらく使用する楽天ポイントの指定がこの先だからです。

指定できないときは、満タンを指定して下さい。

9.ポイント利用方法の選択

利用する(P入力)」を選択して下さい。

10.利用するポイントを入力

利用する楽天ポイント数を入力します。

ハイドの場合は、期間限定ポイントを入力しています。

それ以外の楽天ポイントは、楽天EDYにチャージした方がお得ですから・・・

理由は、こちら

11.レシートの要否を選択

初めての方は、操作が間違っていなかったかを確認する意味でも、レシートを確認することをおすすめします。

レシートでどのような情報が確認できるかは、まとめ内の写真を参考にしてみて下さい。

最も確実な方法

Rポイントカードと出光プリカを併用した給油方法ですが、この記事を読んでもよく分からないようであれば、店員さんに聞いてください

ハイドも、事前にいろいろ情報を集め、完全にマスターしたつもりで給油に行ったのですが、最後は店員さんに聞いていました。

給油の手順は少し複雑で、スマホ片手に操作するよりは、かなり楽で確実です。

2,3回給油すれば慣れてしまうのですが、操作を間違えて損しないためにも、最初は店員さんに確認した方がいいと思います。

また、出光プリカをお持ちでない方は、カード発行時にRポイントカード併用したいと言えば、すぐに教えてもらえるはずです。

最初は、ここも記事にしようと考えていましたが、実際に給油してみて、管理人が出した結論です。

クレジットカード決済解禁

この記事が生まれたときには、ありえないことでしたが

2017年10月1日からは

現金、キャッシュプリカ、楽天ポイントに加え

出光カード(まいどプラス)一般提携クレジットカード

の決済でも楽天ポイントが付与されるようになりました。

クレジット決済のメリットは

まいどプラス楽天ポイントカード併用できるようになったことは、大きなメリットです。

まいどプラスは、キャッシュプリカよりも2円安く給油できるため、楽天バリアブルカードのキャンペーンなどで得た期間限定ポイントを使い給油した場合も、この恩恵に預かれるようになりました。

デメリットは?

今回の変更で、最も大きなデメリット、それは・・・・

1リッターにつき1ポイント から

2リッターにつき1ポイント に楽天ポイントの付与率が変わってしまったことです。

結論として変更は?

まいどプラスを持っていない方にとっては改悪ですね。

出光としては、まいどプラスが使ってほしい訳で、ある意味しかたがないことかも知れませんが、キャッシュプリカで給油していたハイドにとっては少し残念ですね。

 今後の方針は?

今後も出光で楽天ポイント決済での給油を考えている方は、まいどプラスのクレジットカードを作られることをおすすめします。

キャッシュプリカに残額がある方も、残額が無くなり次第、切り替えが望ましいですね。

出光の他にも、楽天ポイントで給油できるスタンドがありますが、少なくともエネフリは、まだ大丈夫なようです。

どうも、ハイドです。 「エネフリ」というサービスステーション(SS)を、ご存知ですか。 楽天チェックで店舗検索したことがある方は...

まとめ

出光プリカの利用条件は、少し厳しいようですが、ガソリンを入れ忘れることはまずないと思いますので、然したる心配はしていません。

有効期限は、数十円使用しただけでも更新されるようです。

purica 0003

出光さん、撮影のための、小額利用ですみません。

今回の一番大きな狙いは、無駄遣いすることなく、いかに期間限定の楽天スーパーポイントを使いきるかなので、大筋で達成できていると思います。

次の、楽天バリアブルカードキャンペーンが楽しみですね。

楽天バリアブルカードのキャンペーンは、7%還元でお得

この記事でご紹介したガソリンスタンドは出光興産ですが、他にも楽天ポイント給油できるガソリンスタンドがあるのを、ご存知でしょうか。

ハイドは、複数のスタンドの中から一番安いところを選んで楽天ポイント給油しています。

妥協はしません。

また、ガソリンスタンドの中には格安車検を扱っているところも・・・

関連記事

楽天ポイントで給油(まとめ)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もどうぞ

関連コンテンツ