楽天車検で1500ポイントは魅力的、でも整備は大丈夫?エネオスで格安車検を受けてみた。

どうもハイドです。

楽天車検ってご存知ですか?

楽天車検というキーワードから、最初は、楽天で車の整備と車検を行っているのかと思いますが、そうではありません。

一口に言えば、実際に車検や整備を行うショップに、顧客を紹介するサービスです。

当然、楽天も顧客に対するサービスも忘れてはいません。

楽天車検を経由して車検を申込むことで、これでもかと、楽天ポイントを付与してくれます。

問題は、

  1. 楽天車検を経由することは本当に得なのか?
  2. 楽天車検の提携先で車検をして本当に大丈夫なのか?

では、ないでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

車検はどこで受けられるか?

最近では、オートバックスなどのカー用品店、エネオスなどのガソリンスタンドでも車検が受けられますが、まずはここを理解する必要があります。

以下にどんな所で受けられるか、ハイドの思いつくところをあげてみます。

ディーラー車検

これは、車検の代名詞のようなものです。

自動車メーカー系列の販売会社であるディーラーが実施する車検です。

ディーラーはメーカーのブランドを背負っています。

当然、設備、技術レベルともに一定以上の水準を維持しています。

信頼性が高い代わりに、他の車検と比較すると価格は割高になっています。

民間整備工場車検

民間車検とも呼ばれています。

ディーラーの整備工場ではなく、民間整備工場が請け負う車検です。

民間整備工場は、ディーラーと違って設備や技術にバラツキがあります。

車種によって依頼先を変えなくていいため、よく分からない方は、ずっと同じ所で車検を受けているようです。

カー用品店車検

オートバックスが有名ですが、オイル、タイヤ、車のアクセサリーなどを揃える店です。

カー用品店でも車検を請け負っているところが増えてきました。

ガソリンスタンド車検

ガソリンスタンドでも車検を請け負っているところがあります。

車検をするための価格は低く抑えれており、同時に提案される整備も非常に分かりやすい。

日ごろ給油しているスタンドであれば、なおのことです。

ユーザー車検

自分で陸運支局に出向き、書類の作成から検査まですべて行う車検です。

当然、車の整備や車検の手続きに関する知識が必要となります。

さらに、陸運支局には、平日の日中に出向く必要があります。

手間はかかりますが、最も安い車検費用で受けられます。

楽天車検で大丈夫か?

楽天車検の提携先は、ほとんどが前項で紹介したカー用品店車検ガソリンスタンド車検です。

安心感は、ディーラー車検にはかなわないと思います。

ディーラー車検は、扱う車種のブランドイメージも背負っている訳ですから当然です。

しかし、注目していただきたいのは、ユーザ車検です。

個人でもできることです。

同等のスキル(技術)をもった方であれば、当然可能なことではないでしょうか?

問題は、車検ではなく、同時に提案される整備ではないかと思います。

これについては、たまにしか行かないディーラーよりも、いきつけのガソリンスタンドカー用品店の方が信頼できるのではないでしょうか?

ハイドの場合は、エネオスで車検を受けています。

担当の方は、車検のために必ず必要となる費用追加整備で提案する費用と分けて見積もってくれます。

これに納得して、ディーラーからこちらに移りました。

楽天車検を使ってみる

楽天車検ですが、キャンペーン形式でポイントが付与されます。

したがって、エントリーが必要となります。

エントリーを忘れてしまうと、ポイントが獲得できませんのでご注意を・・・

  1. 楽天会員ログインを行う。
  2. 希望のキャンペーンにエントリーする。
  3. 郵便番号より店舗を検索する。
  4. 見積もりを申込む。
  5. 店舗に車を持ち込み、見積もりをもらう。
  6. 問題なければ、車検日を決めて車検。

自宅での手順

まず、以下の公式サイトから見積もりを申込みます。

公式サイト → 楽天車検

公式サイトは、以下のような画面です。

rakuten_shaken_000001

①より楽天会員ログインを行います。

②よりキャンペーンにエントリーします。申込先のバナーをクリックして下さい。

ブランドによって、取得できるポイントが変わってきます。よく考えて選んで下さい。

下の方にもあります。よく選んで下さい。

③に郵便番号を入力し、最寄の店舗を検索します。

店舗が決まりましたら、見積もりを申込みます。

店舗に車を持ち込む

店舗より連絡がありますので、見積もりするのに都合のいい日を決めます。

あとは、店舗で、見積もりをもらい、内容になっとくできれば、車検です。

まとめ

ハイドも過去にガソリンスタンドで車検をお願いしたことがあります。

ディーラーに比べ技術レベルに問題がないか不安はありましたが、見積もりを見てビックリしました。

今の整備状態でどこも直さずに車検に通るのが理由でしたが、長く大事の乗るためは追加で整備が必要とも言われました。

ここの説明の仕方で、その店舗に対する印象がずいぶん変わってくるのではないでしょうか。

あと、エネオスの車検自体がかなり格安で、これに楽天ポイントをプラスしてしまって大丈夫なのか?

といった疑念が最初はあったのですが、

よくよく考えると、ガソリンスタンドでも車検のチラシなどでかなりの経費を使っています。

この楽天車検は、これらの経費を減らし、ライバルに対向できるサービスに切り替えてはどうでしょうかと提案しているのかもしれませんね。

この楽天車検の記事でご紹介したガソリンスタンドはエネオスです。ここではないのですが、楽天ポイントで給油できるガソリンスタンドがあります。

ハイドは、複数のスタンドの中から一番安いところを選んで楽天ポイント給油しています。

妥協はしません。

車検で得た楽天ポイントでガソリンを給油するなんていうのはいかがでしょうか?

関連記事

楽天ポイントで給油(まとめ)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もどうぞ

関連コンテンツ