Windows10 をバックアップし、Windows7 に戻す!!当面の主役は、Windows7

こんにちは、ハイドです。

もうすぐ、Windows10への無償アップグレード期間が終了しますね。

購入すると、結構な価格になるようです。

みなさんは、どうされていますか。

管理人は、Windows10は、ハードディスク(Cドライブ)ごとバックアップ(backup)をとって、Windows7に戻して運用しています。

今日は、Windows10のバックアップ方法のご案内です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

バックアップの基本方針

Windows10のバックアップ機能は使わない

管理人は、「Windows7」を使い続ける方針です。

「Windows10」の操作性は、「Windows7」に比べ大きく変更されていますが、あえて新しい操作を覚えてまで「Windows10」を使いたくないというのが大きな理由。

加えて、企業は社内システムが対応できていない等の理由で「Windows7」のままでしょうから、会社と自宅で操作性が違うのも不便です。

また、「Windows7」も、今後使って行くわけですから、ハードディスク故障等にそなえてバックアップは必要といえます。

つまり、同じ操作で、「Windows7」、「Windows10」の両方のバップアップがとれることが望ましいわけです。

そこで、お勧めするのが

EaseUS Todo Backup Free」です。

「無料でよくこれだけの品質のソフトがリリースできるな」と思わせる、優れものです。

保存するメディアは、CD-R、DVD-Rを使用する

手っ取り早くバックアップをするには、Cドライブのイメージを、ハードディスクに保存することをお勧めします。

ただし、今回は、かなり先でしか使う予定がない「Windows10」のバックアップです。

バックアップは、CD-R、DVD-Rにとっておき、机にしまっておくことにしました。

ハードディスクへのバックアップを希望される方は、こちらの記事「3 EaseUS Todo Backup Free の使い方」をご覧下さい。

バックアップ方法

セットアップファイルの入手

ダウンロードリンク

EaseUS Todo Backup Free

上記からセットアップファイルを任意の場所に保存して下さい。

インストール

前項で入手したセットアップファイルを実行します。

Hcopy_0411

Hcopy_0412

Hcopy_0413

Hcopy_0414

Hcopy_0415

製品の使用統計を開発元に送信したくない場合は、チェックを外します。

Hcopy_0416

バックアップイメージファイルの保存場所を指定します。

今回は、DVDにイメージファイルを保存します、「D:」に変更します。

Hcopy_0407

Hcopy_0418

実行しないのであれば、チェックを外し、完了を選択します。

以上で「EaseUS Todo Backup Free」のインストールは完了です。

ブータブルメディアの作成

ハードディスクが故障した場合、Windows自体が起動できません。つまり、このままでは復元出来ないわけです。

そこで、「EaseUS Todo Backup Free」は、CDから起動できるようになっています。

ブータブルメディアは、必ず作成するようにして下さい。

「EASEUS Todo Backup Free」を実行してください。

Hcopy_0511

「後で」をクリックします。

Hcopy_0902

「ツール」をクリックし、メニューより「ブータブルディスクの作成」をクリックします。

Hcopy_0903

「ブータブルディスクの種類:」を「WinPEブータブルディスクの作成」を選択して下さい。

「ブータブルディスクの保存先」にブータブルディスクの保存先を選択して下さい。

Hcopy_0904

ブータブルメディアの作成が始まります。しばらく待ちましょう。

Hcopy_0905

ブータブルメディアが作成されたら、「完了」を選択して下さい。

これで、ブータブルメディアは作成できました。

バックアップイメージの作成

Windows10がインストールされている状態で、「EASEUS Todo Backup Free」を実行してください。

Hcopy_0512

「ディスク/パーディションバックアップ」を選択します。

EaseUS 000104

「ターゲット」を変更するため、フォルダアイコンを選択します。

EaseUS 000105

直接「DVD-R」に書き込むため、「DVD-R」のドライブを選択します。

EaseUS 000106

「Windows10」がインストールされているハードディスクを選択します。

ターゲットはDVDーRドライブを選択し、プラン名は、「Windows10_DVD」と入力します。

「実行」でバックアップが始まります。水色のゲージが進捗率です。

EaseUS 000103

途中で、「DVD-R」を入れ替える指示があります。

指示に従って、入れ替えてください。

最後まで書き込めたら完了です。

管理人の場合は、7枚必要でした。

ソフトのインストール等、使用状況で変わってきます。あくまで参考値ですが・・

まとめ

「Windows10」ですが、無償アップグレードではなく、新規で購入すると結構な価格です。

企業としては、このコストに、社内システムのアップグレード等のコストが加わるため、大きな出費となります。なにか大きな問題が発生しない限り、「Windows10」への移行はすすまないのではないでしょうか。

「Windows10」でしか実現できない画期的なコンテンツやサービスが登場しない限り、「Windows10」が「Windows7」にとって変わる日はまだ先のように思えます。

みなさんは、どのようにお考えでしょうか?

2016年10月25日 追記

ひとつ難点をいえば、DVD-Rへの書き込みに時間がかかることでしょうか。

製品版の方が、バックアップのスピードは上のようです。

 日本語公式ページ → http://jp.easeus.com/backup-software/free.html

DVD-Rへの書き込みを含めたスピードアップがどれほどできているかはわかりませんが、検討されてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もどうぞ

関連コンテンツ